みんるー商店
HOMEやちむん家沖縄物産品掲示板 お客様の声会社概要ギフト包装についてショッピング

琉球ガラス販売・通販のみんるー商店

琉球ガラス 坩堝琉球ガラス 坩堝

琉球ガラスとは・・・はじまりと歴史

1950年戦前の前田ガラス工場の息子・前田正男氏が沖縄ガラス製造所を設立する。
その後を継ぎ1952年ガラス職人奥原盛栄、島袋栄松が奥原硝子製作所を設立し再開した。

 当初の琉球ガラス製品の特徴は、透明な廃瓶や屑ガラスを原料に、石油ランプのほや、蚊取り器、漬け物瓶、駄菓子瓶、投薬瓶など日常的な生活用品が主であった。

 1950年の終わりの頃、米軍人・その家族の実用品及び装飾品・記念品の需要にこたえ、コカ・コーラ瓶、ビール瓶、ウイスキー瓶など廃瓶利用の再生ガラスで、工芸ガラスがつくられるようになった、これが琉球工芸ガラス(琉球ガラス)の始まりである。
 当時の琉球ガラスは、宙吹き技法でパンチボールセット、サラダボール、ワイングラス、シャンペングラス、キャプテン瓶、カラス造花などがつくられ、米軍基地内やアメリカ本国への輸出も行われていた。
 復帰後は、南国沖縄の情緒ある琉球ガラスとして親しまれ、観光土産や記念品、最近は結婚式の引き出物や内祝いギフト、結婚祝いの贈り物としても人気があります。

琉球ガラス(再生ガラス)は、厚みや気泡があるのが特徴で、素朴感や暖かみが漂い、その色彩とフォルムの豊かさが人気です。
特に手作りならではのコトコトと不安定な座りと歪み、変形や変色などの予期せぬ仕上がりの作品は、希少作品としてマニアの間でも根強い人気があります。


琉球ガラス ショッピング
 
琉球ガラス ギフト包装について

琉球ガラス 宙吹ガラス工房 虹 (稲嶺盛吉・稲嶺盛一郎)

 宙吹きガラス工房虹は、現代の名工稲嶺盛吉が1988年設立した琉球ガラス工房です。
 稲嶺盛吉氏は琉球ガラスの歴史を大きく変えた、琉球泡ガラスの一人者。廃瓶を再利用して作られる琉球ガラスは、以前は不純物や化学変化等により気泡が入るものがほとんどで商品価値としては低いものでしたが、稲嶺盛吉氏はその気泡を逆転の発想で泡だらけの作品を作り上げた。そのすごい作品が琉球泡ガラス。
溶けたガラスを撹拌することによって細かい気泡ガラスを原料とした作品を世に送り出した。

 泡ガラスを使った作品は、光の屈折等により細かい泡がキラキラと輝き、今でも人気の高い作品が多く作られています。

他にも、他の琉球ガラス工房とは違う作品が数多くあります。
宙吹ガラス工房虹独特のアイスカット(アイスクラック)、土紋、白雲、黒真珠等、琉球ガラスの体験にはない作品も人気です。

琉球ガラスの魅力ブログで紹介しています。気楽に沖縄 〜気になるブログ〜
 
琉球ガラス 宙吹ガラス工房虹 職人紹介

琉球ガラス 職人 現代の名工 稲嶺盛吉琉球ガラス 稲嶺盛吉の作品を見る
稲嶺盛吉の
琉球ガラス



稲嶺 盛吉
(いなみね せいきち)

1940年 那覇市寄宮に生まれる。
奥原硝子工房に入り、牧港ガラス、
ぎやまん館、琉球ガラス村を経て
1988年   「宙吹ガラス工房 虹」を設立
1989年   沖展会員となる
1990年   沖縄県優秀技能賞を受賞
1994年   「現代の名工」を受賞
1998年   沖縄タイムス社芸術選賞大賞を受賞
1999年   第14回栃木県美術展、栃木県文化
振興協議会会長賞受賞
2001年   現代芸術作家、栄光賞
2001年   聖アントニウス芸術大賞
「イタリアの時・陽・風に乗せて」
絵画、工芸展の(時空)に出展
(ピオンビーノ市立現代芸術ギャラリー)
2001年   芸術功労賞受賞
(株)アートジャーナル(東京都)
2002年   アポロン大賞
2002年   天平鐘楼賞(奈良、東大寺無限展)
2002年   ストッックホルム平和貢献賞(平和展)
2002年   モナコ公国・名誉賞
(ディプロマ・ドヌール)
(モナコ日本芸術文化展)
2003年   イタリア美術賞展・工芸作品推薦部門
特別出品
(ローマ/ヴィラ・ポニアトウスキー館)
2004年   第9回 OASIS 2004(大阪)出品
琉球ガラス 「現代の名工」 技と美
三作家展(読谷村立美術館)
2005年   中国現代国際美術展 藝術功労賞
「ほむらガラス工藝館」 開設
琉球ガラス 職人 稲嶺盛一郎琉球ガラス 稲嶺盛一郎の作品を見る
稲嶺盛一郎の
琉球ガラス



稲嶺 盛一郎
(いなみね せいいちろう)




1971年 那覇市寄宮に生まれる。
1987年   那覇市立石田中学校卒業
1987年   泊高等学校定時制課程入学
1987年   奥原硝子工房入社
1991年   泊高等学校卒業
1994年   奥原硝子工房退社
1995年   宙吹ガラス工房「虹」入社
1996年   第19回沖縄県工芸公募展(佳作)
1997年   第49回沖展(奨励賞)
1998年   第50回沖展(奨励賞)
1999年   第51回沖展(奨励賞)
沖展準会員推挙
2001年   新生美術会員
2002年   第54回沖展準会員賞
2015年   「ガラス工房 絆」を設立



<琉球稲嶺ガラス>

琉球稲嶺ガラスは、廃瓶のガラスを、
人間の手で粗々しく、しかも単純に
自然にうまれる色のままで、
甦らせたものです。
常に新しい技法に取り組み、
ガラスの造形的可能性を追及しています。

その手技と独特の感性によって
廃瓶は
新たな命を吹き込まれ、美しく輝く
琉球ガラスへと生まれ変わっていく・・・



琉球稲嶺ガラスの特徴(種類)と技法

      
透ガラス 廃瓶ガラスを溶かし透明、色つき廃瓶に食材(カレー粉や黒糖など)、着色料などを使い、透明感のある琉球ガラス作品
泡ガラス   廃瓶のガラスを溶かし、発泡剤又は廃瓶に含有される珪石灰ソーダ、着色剤などの化学変化によって生じる大小の気泡(泡)を生かした琉球ガラス作品

アイスカット
ガラス
  ガラスを水で急激に冷やすことによって、表面にアイスクラックを入れ焙焼と成型を繰り返すことによってできるヒビ割れ模様が特徴の琉球ガラス作品

土紋ガラス   ガラスの表面に赤土や白土をアイスクラック技法によってつけ、土のヒビ割れ模様をいれるのが特徴の琉球ガラス作品

黒真珠   廃棄されるブラウン管を利用して作られた琉球ガラス作品。透ガラスは少し緑がかった色だがブラウン管の灰色と金属が焼きついたような黄金色のぼかしが施され黒真珠のように見えることから”黒真珠”という名がついた

琉球ガラス グラスを購入



宙吹ガラス工房 虹
〒904-0301
沖縄県読谷村字座喜味横田屋原2748番地
Copyright 2004 みんるー商店 All right reserved.